目とメガネの悩みや問題を解決する「eye navi」

「目の健康と暮らせ」~あなたの大切な目の健康とケアについて考えるブログ

メガネでスポーツは危険!目のケガのリスクが高いスポーツとは?!

calendar

小学生や中学生は授業で球技をすることがあります。

最近はメガネをかけた子どもたちがクラスに数人はいます。

ですが、メガネをかけたまま運動やスポーツをするとケガをする可能性が高くなります。

どんなスポーツが危険なのでしょうか。

スポンサーリンク

小中学生の視力

視力が0.7未満の小学生はおよそ20%(2015年度/学校保健統計調査)です。

子どもの視力

引用:http://www.garbagenews.net/archives/1868624.html~学校保健統計調査より

小学背 視力

引用:http://www.garbagenews.net/archives/1868624.html~学校保健統計調査より

 

子どもは、近視が0.6程度の軽度の場合は普段の生活ではそれほど困らないといいます。

ですが、最近は習い事のひとつとしてスポーツをやる場合も増えているようです。

そんな時はやはり「よく見える」必要があります。

子どもと目に関する記事はこちら

目に危険なスポーツ

全米眼科医協会でどんなスポーツが目のケガのリスクが高いのかランク付けしています。

ボールをつかうスポーツ

ボールが目に当たりケガをする可能性があります。

メガネをかけている場合はケガの危険性が高くなります。

高リスク  野球/ソフトボール

中リスク バレーボール

ラケットをつかうスポーツ

ボールが目に当たりケガをする可能性があります。

特に小さいボールは危険が高まります。

ラケットによるケガの可能性があります。

高リスク  ラクロス/スカッシュ/ラケットボール/フィールドアイスホッケー

中リスク  テニス/バドミントン

ぶつかり合いの可能性があるスポーツ

ボールが目に当たる可能性があります。

人の手やひじが顔にぶつかりケガをする可能性があります。

高リスク  バスケットボール

中リスク  ラグビー/サッカー/アメリカンフットボール

スポーツ専用メガネ

スポーツ用のメガネがありますから専用のメガネをおすすめします。

スポーツの危険から目を守るメガネ5選!子どもにかけさせたいゴーグルタイプ

さいごに

メガネでスポーツは危険!目のケガのリスクが高いスポーツとは!

ボール競技はボールが目に当たる可能性があります。

特に小さいボールでスピードが出るスポーツは、スポーツ専用のメガネをかけましょう。

小さいうちから目を守る習慣をつけたいものです。

お読みいただきありがとうございます。

Sponsored Link

参考:
http://www.pro-gear.co.jp/about/


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す