目とメガネの悩みや問題を解決する「eye navi」

「目の健康と暮らせ」~あなたの大切な目の健康とケアについて考えるブログ

耳にかけないメガネが楽なわけは?軽い、ずれない、圧迫感がない!

calendar

メガネをかけて横になった時、テンプル(つる)が気になります。

ちょっと本を読んでみたり、スマホのチェックをしたり…。

そんな時にテンプルが短いメガネを使ってみてはいかがでしょう。

テンプルがなければメガネもずれません。

JINSの耳にかけない新しいカタチのメガネです。

スポンサーリンク


軽い ~頭や耳への負担が少ない

テンプルが短くなるのでフレームの重さは軽くなります。

その重さわずか8g。(フレームのみ)

耳にかけなくても鼻と左右のこめかみでしっかり安定感を得られます。

ずれない ~横向きに寝ころんでも痛くない

テンプルが短いのでかけ外しが簡単です。

鼻パッドとテンプル先端にラバー素材を採用してずれにくくなっています。

圧迫がない ~横になっても痛くない

蝶番をなくして、顔の頬骨ラインにそってテンプルにカーブをつけているので、横になっても圧迫感を感じません。

通常は耳にかけるテンプルを顔の横でとめます。

こめかみの下で優しくホールドするので耳の後ろが痛くなりません。

ヘッドホンで音楽えお楽しむ時も、メガネのテンプルが邪魔になりません。

 

さいごに

耳にかけないメガネが楽なわけ。軽い、ずれない、圧迫感がない。

メガネをかけている間、耳への圧迫から解放されるショートテンプルです。
メガネはフィッテイングが大切ですからはじめに念入りに調整してもらいましょう。

耳は楽だけどこめかみが痛む、なんてこともあるかもしれませんね。

自分でかけ心地を確認して楽にかけられるメガネがみつけましょう。

お読みいただきありがとうございます。

 

こちらは鼻に跡がつかないサングラスです。

Sponsored Link


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。