目とメガネの悩みや問題を解決する「eye navi」

「目の健康と暮らせ」~あなたの大切な目の健康とケアについて考えるブログ

疲れ目にならないメガネとは?!目の個性に合わせた調整法

calendar

reload

疲れ目にならないメガネとは?!目の個性に合わせた調整法

2018年2月28日NHK「ガッテン!」「あなたの目にベストマッチ!幸せメガネ」が放送されました。

眼精疲労や肩こり、頭痛の原因が「あっていないメガネ」による場合もあるようです。

番組の概要をまとめました。

スポンサーリンク

メガネ使用者は7500万人

日本の人口は約1億2000万人、メガネを使う人は7500万人以上です。

誰もが1度はメガネをかける生活をするといわれています。

視力を矯正してくれるありがたいメガネですが、合っていないメガネをかけていると、疲れ目や頭痛、肩こり、めまいなどの症状が出てしまうと考えられています。

番組では「目には、知られざる個性がある」というのです。

今まであるひとつの大事な検査ができなかったといいます。

それが測定ことができるようになったのです。
それが、調節機能解析装置です。

一見どこの眼科やメガネ店でも見かける様な機械ですが、全国で500台前後しかないものです。

目の個性とは

この機械で目の個性をはかり処方されたとおりメガネをつくりかけると、目の不快な症状が軽減するといいます。

これまでのメガネは「よく見えるメガネ」でした。

目の個性を測定して作ったメガネは「楽にみえるメガネ」になったのです。

 

「ガッテン!」では例によって大実験。

視力が1.0の老若男女。

まず裸眼視力をはかります。

次に部屋を暗くして一瞬明るくなった中で視力をはかります。

裸眼ではほぼ同じ視力だった人たちが、暗闇での見え方には差がでました。

人は、ぼーっとしている時にどこにピントがあっているかを知るための実験でした。

 

目のピント調整のしくみ


ものを見るためにレンズである水晶体の厚さを調節する毛様体筋(もうようたいきん)の働きが重要となります。

遠くを見るというのは、

毛様体が限界まで引っ張った時~「無理した視力」。

暗闇で毛様体はどうなるかというと、

毛様体はゆるんで(働かない状態)でピントが合う~「楽な視力」

この楽な視力は人によってさまざまです。
メガネをかけるというのは、毛様体の力をかりずにみているということです。

ですが、近くをみるときには毛様体が無理しているのです。

メガネは遠くを見る時に楽にするもの、というつくりになっていることが多いのです。

遠くを見るのに楽なメガネは、現代の生活のようにパソコンやスマホ、本を読むなど目に無理を強いることが自然多くなり目の不快症状になっていたわけです。

楽にみえる距離が遠い人ほど、近くを見る時に負担が大きいというわけです。

Sponsored Link

見るものに合わせてメガネをつくる

自分にあったメガネを作るには、いい視力がでるメガネではなく、メガネをかけてやりたいことに合わせたメガネをつくることです。

目に負担がかからないメガネが、よいメガネといえるでしょう。

「調節機能解析装置」で測れない場合でも眼科で検査して以下のように希望を伝えましょう。

  1. 目の不快な症状がある場合、眼科へ相談する
  2. 日頃、どんな時に目が疲れるのか伝える(ドライブで疲れる、パソコン作業がつらい…)
  3. 目が楽になるメガネにしたい、と伝える
  4. メガネの処方箋をもってメガネ店へ

こんなメガネフレームの選び方も楽しいです▼▼

 

さいごに

疲れ目にならないメガネとは?!目の個性に合わせた調整法
メガネは「目にかけるのお薬」、番組のさいごのシメの言葉です。

ずっとメガネのお世話になっている身としてはぴったりとくる言葉です。

最近、読書専用のメガネをつくりましたが、目が楽になりました。

読めないことはなかったのですが、専用のメガネはやはり「楽にみえる」のです。

ぜひ専用メガネをお試しください。
お読みいただきありがとうございます。

Sponsored Link

「ガッテン!」で紹介された目に関するテーマの記事はこちらでも▼▼▼

斜視の疲れ目を改善できるプリズムレンズの眼鏡のデメリットとは?

寄せ目ができない人は目が疲れやすい!疲れ目予防は1時間に1分目を閉じるだけ

なぜ高速道路を運転していると眠くなる?!驚く目の働きと対処法は

二重まぶたと肩こり頭痛の関係は?二重メイクで改善する

参考:
http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20180228/index.html


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す