目とメガネの悩みや問題を解決する「eye navi」

「目の健康と暮らせ」~あなたの大切な目の健康とケアについて考えるブログ

老眼と白内障の見え方に違いはぼやけ方?チェックはシマウマとお月見?

calendar

reload

老眼と白内障の見え方に違いはぼやけ方?チェックはシマウマとお月見?

加齢によって起こる老眼、そして白内障。

いずれも、ものがぼやけて見える、視界がかすんで見える、光がまぶしく感じる、似ている症状が多いようです。

見え方がどのように違うと白内障なのかを調べてみました。

スポンサーリンク

老眼と白内障も加齢でおこる

老眼水晶体のピント調節機能がうまくいかず見えにくくなります。

40代から徐々に症状が現れます。

 

白内障水晶体の中が、濁って見えにくくなります。

白内障は80代になるとほとんどの人にあらわれる症状です。

 

いずれも加齢による老化現象のひとつといえます。

ですが、白内障はほうっておくと失明する危険がある病気だということです。

もちろん白内障は治せます。
今は、医療技術も進み、白内障が原因で失明する人はほとんどいません。

老眼と白内障のチェックリスト

老眼のチェックリスト

□ 部屋の中が今までよりも暗く感じる

□ 文字を読む時に目からはなして読んでいる

□ 針に糸を通しにくい

□ 数字や文字読み間違えるようになった

□ 本を読んでいて遠くを見るとピントがなかなか合わない

□ なんとなく、かすみがかかって見える

□ 夜のあかりがまぶしい

□ 携帯やスマホの文字を読むのがつらい

□ 肩こりや頭痛が起こる

□ 細かい作業が続けられなくなってきた

出典:老眼は脳のトレーニングで回復する/PHP研究所

ひとつでもチェックが当てはまるものがあれば、老眼の可能性があります。

白内障のチェックリスト

□ 視界にかすみがかかっているように感じる

□ ものが、ぼやけたようにみえるようになった

□ つまずいたり転んだりすることが増えた

□ 階段などで距離感がつかみにくく、怖い

□ テレビの字幕などが見にくく、読むのに時間がかかる

□ 外で人の顔がわかりにくいことがある

□ 光がまぶしく感じられる

□ 急速に視力が低下した

□ メガネを作り替えたが、視力が矯正されなかった

□ 老眼鏡を使っても文字が見えにくいことがある

 

ひとつでもチェックが当てはまるものがあれば、白内障の可能性があります。

眼科の受診をおすすめします。

出典:ためしてガッテン目の若返りの超常識/主婦と生活社

老眼と白内障のわかりやすい見え方の違い

「ぼやける、かすれる」といった似たような見え方をします。

「シマウマの縞模様」で確認


動物のシマウマをみるとその違いがハッキリとわかります。

もちろんシマウマの写真や絵でもできます。

問題はシマウマの縞の見え方にあります。

 

正視  ふつうにぼやけず、黒と白の縞もはっきりとみえる

老眼  全体がぼやけて見える。縞もぼやけている

白内障 全体はかすんで見える。縞は見分けられる

白内障の場合は、ピントが合っているので、黒と白の縞模様自体は見分けられるのですね。

「お月見」で確認


もうひとつの特徴として「お月見」です。
白内障の初期症状はわかりにくいものです。

矯正した視力で、片目づつ月をみて2重3重にだぶって見える場合は白内障かもしれません。

暗い場所なら、小さな明かりを月代わりにして確認できます。

紫外線の影響

白内障の人は、日差しが差し込む窓辺にいる人物がまぶしくて見えにくくなります。白内障の9割以上が加齢によるものですが、紫外線による影響もあげられます。

水晶体が濁ると、光をうまく通すことができなかったり光が乱反射してものがかすんでみえるんですね。サングラスをするなど予防にも心がけたいものです。白内障の進行を遅らせることが期待できます。

私の母も白内障で、いつも外で光をまぶしがっていました。50代のころからだったように思います。

さいごに

ぼやけて見える、かすんで見える…

そんな時は、シマウマを見てみましょう。

水晶体が濁って見える特徴が電球などの明かりが散らばってみえます。明るいところだとみづらいのはこのためです。

でも自己判断せずに眼科で見てもらう方が安心ですね。

お読みいただきありがとうございます。

 

【老眼についてはコチラ】

⦿⦿老眼はなぜ起こる?症状の進行を遅らせる気をつけたい6つのこと

【白内障の手術についてはコチラ】

⦿⦿白内障手術の費用はいくら?危険や失敗はないの?術後の注意点

Sponsored Link

参考
目の若返りの超常識/主婦と生活社
老眼は能のトレーニングで回復する/PHP研究所
http://www.gankaikai.or.jp/health/index.html
日本眼科医会


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。