目とメガネの悩みや問題を解決する「eye navi」

「目の健康と暮らせ」~あなたの大切な目の健康とケアについて考えるブログ

2017全豪オープンテニスで活躍するのチョン・ヒョン選手のメガネのブランドと価格は?

calendar

reload

2017全豪オープンテニスで活躍するのチョン・ヒョン選手のメガネのブランドと価格は?

年初のグランドスラム全豪オープン。

錦織圭選手は不在ですが、同じアジア人韓国のチョン・ヒョン選手が初のベスト4に駒を進めました。

テニス選手では珍しくメガネをかけています。

どこのブランドなのでしょう。

眼鏡をかけてプレーしている理由は?

スポンサーリンク

チョン・ヒョン選手のプロフィール

1996年5月19日生まれの21歳です。

英字表記ではHyeon Chung(チャン・ヘヨン)。

身長 185センチ

体重 83キロ

利き腕 右

プロ転向 2014年

シングルス自己最高ランキングは51位(2015年)

2017年ATPが初めて新設した若手(21歳以下対象)の「ネクストジェネレーションATPファイナル」にレースランキング7位で出場し、見事初代優勝者となりました。

2017年全仏オープンテニス(クレイコート)の3回戦で錦織圭選手と対戦し、雨天順延がなければ負けていた、といわしめた選手です。

錦織選手と同じアメリカ・フロリダのIMGニック・ボロテリーテニスアカデミー出身です。

メガネをかけているのは?

幼少の頃から「乱視」と診断されていました。

角膜などの歪みで焦点が合わないという症状が幼少時からあったといいます。

目の健康のために医師から「緑のものを見続けるように」と指導されたといいます。

テニスをしていた父と兄。6歳の時、テニスをはじめることになりました。

韓国で人気のスポーツ「テコンドー」をやっていましたが、父の指導でテニスに取り組むとその才能は一気に花開きます。

「僕は重度の乱視持ち。常にメガネをかけていなければなりません。自分の体の一部なので、メガネなしにプレーは難しいです」

という言葉を残しています。

同世代の4位のアレクサンダー・ズベレフそして元1位グランドスラマーのノバク・ジョコビッチに勝利。

そしてさらに、ベスト4に残ったことで注目を浴び、その珍しいメガネ姿も当然話題にのぼっています。

白縁のスポーツサングラスのチョン・ヒョン選手、大会の公式サイトにも「プロフェッサー(教授)」のニックネームが踊っています。

でも、緑のもの ⇒ テニス というつながり。

芝でプレーしていたんでしょうか。

でも、その主治医の一言でテニスをやることになったのは確かなようです。

目を動かすことで刺激になります▼▼▼

オリンピック競技の観戦で眼球トレーニング!スポーツで目と脳を刺激する

ゲームセンターで老眼・視力回復のトレーニング!遊びで脳と目を刺激する

子どもの目の異常は早く見つけたい▼▼▼

子どもの目の異常を見つけるには?斜視や弱視の判定や治療法

中学生でコンタクトレンズは大丈夫?スポーツ別に選ぶならメガネとCLどちら?

スポーツと目について▼▼▼

 

【2018】メガネ対応のゴーグルおすすめは?選び方の注意点やポイントは?

ジョギング中の紫外線対策は?目を陽ざしから守る方法

【目とスポーツについて】紫外線の影響は?必要な視力や便利なメガネと気をつけたい目の事故・病気など

 

メガネのブランド


白いフレームがアクセントのメガネはスポーツアイウエアで名高い「Oakley(オークリー)」

フレームは

FLAK BETA(ASIA FIT)

このフレームが同じ形です。

 

商品の詳細

FLAK BETA(ASIA FIT)

フレームカラー: Matte White

フィッティング:: Asia

商品コード: OO9372-0665

価格: 2万1600円

 

アップで写真をみると、オークリーのロゴが入っています。

オークリーのホームページ、テニスのアスリートにはチョン・ヒョン選手はありませんからスポンサー契約はむすんでいないようですね。

男子ダブルスのブライアン兄弟や女子のストーサー選手の名があります。

激しいフットワークを必要とするテニスですが、メガネを気にして触ることはほとんどないように見えます。

サイクリングやロードレースでかけたい眼鏡やサングラス!新城幸也のモデルは

ゴルフでかけたいメガネとレンズ!松山英樹がかけているメガネは

2017 メガネ対応のゴーグルおすすめは?選び方の注意点やポイントは?

ジョギング中の紫外線対策は?目を陽ざしから守る方法

さいごに

全豪という大舞台で、憧れのジョコビッチ選手にストレート勝利したチョン・ヒョン選手。

ジョコビッチ選手を思わせるプレーを随所に見せており見ごたえがありました。

そういえば、ジョコビッチ選手は2017年にもイストミン選手(メガネをかけてプレーしている)にも負けましたね。

メガネの選手は少ないので印象に残っています。

「乱視」というスポーツには不利な条件を覆し活躍するチョン・ヒョン選手。

これもメガネフレームの進化、レンズの進化のおかげですね。

体の一部であるメガネ姿での活躍が楽しみです。

お読みいただきありがとうございます。

眼球運動で目の疲れ解消!すぐできる眼筋も鍛えるエクササイズ8選

Sponsored Link

参考:
http://www.atpworldtour.com/
http://jp.oakley.com/ja/men/sunglasses/sport-performance/flak-beta-asia-fit-/product/W0OO9372?variant=888392267603
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%84%AD%E7%8F%BE
https://sports.yahoo.co.jp/sports/tennis/ジ・アンサー「乱視」


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す