目とメガネのブログ「eye navi」

「目の健康と暮らせ」~あなたの大切な目の健康とケアについて考えるブログ

飛蚊症が悪化!黒い浮遊物が急増した体験記③ 網膜裂孔、光レーザー凝固治療

calendar

reload

飛蚊症が悪化!黒い浮遊物が急増した体験記③ 網膜裂孔、光レーザー凝固治療


検査から2週間後に再度特定部分の視野検査を行いました。


結果は、前回とは別な部分にも視野欠損の疑いあり…

ですが、緊急を要する状態でもなく定期的に検査しましょう、ということです。

次回、院長が左目の眼底検査を行うことで予約をとりました。

初回は代診の眼科医だったのです。

スポンサーリンク

左目に網膜裂孔

この日は最初の受診から1か月半が経っていました。

いつものように

①視力測定・眼圧測定

②眼底検査のため瞳孔をひらく目薬を差して、約20分

③眼科医による眼底検査

部屋を暗くして左目をみます。

すると「あっ、穴が開いていますね」

以下、いろいろ矢継ぎ早にいわれたことです。

  • 結構大きいのですぐに処置した方がよい
  • このままだと穴から液が漏れて網膜剥離を起こす
  • 手術となるとリスクが大きくなる
  • 今ならレーザー治療で症状を抑えることができる
  • 飛蚊症の症状は変わらない
  • 最初の受診の時は穴はなかったから、それ以降開いたと思われる

ずっと左目に違和感があったので、この時は

「やはり」

と思ってしまいました。

実際この日レーザー治療を行いその違和感はなくなったのです。

光レーザー凝固治療

光レーザー凝固治療レーザー治療とは、レーザー装置を用いて、特定の波長のレーザー光で病的な網膜を凝固させるものです。

レーザー光擬固

 

出典:http://www.fujitaec.or.jp/medicaltreatment/moumaku/

網膜裂孔で眼球の下部に孔があいており、そのまわりをレーザーを照射して固め、それ以上穴が広がるのを防ぎます。

網膜裂孔はそのままにしておくと、その裂け目や穴に目の中の水が入りこんで網膜を徐々に剥がし、網膜剥離になる危険性があるのです。

[ad#88]

施術の様子

  • 部屋は暗くしてある
  • 椅子に腰かけ頭を固定
  • レーザー照射開始 合計290回ほど、時折時間をあけて照射
  • 時間は10分ほど
  • 左目の違和感が治療後なくなった(感じがした)
  • 3日後に目の状態を確認するので予約

この治療法は病気の悪化を防ぐ目的でおこなわれるものです。

目の状態を元の状態に戻すものではありませんが、眼底の病気には必要な治療法です。

[ad#88]

施術費用

急を要する処置だったために、その日のうちに

レーザー光凝固手術の説明書

にサインと印鑑(はなかったので拇印)を押しました。

費用は5万円弱かかると説明されましたが、持ち合わせがなかったため次回でよいとのこと。

内金として1000円を支払いました。

実際の施術にかかった費用は、49610円 でした。


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す