目とメガネの悩みや問題を解決する「eye navi」

「目の健康と暮らせ」~あなたの大切な目の健康とケアについて考えるブログ

盲導犬が活躍する映画は?盲導犬に求められる条件とは

calendar

視覚障害者とともに暮らす盲導犬はまさに家族の一員です。

その愛らし姿で、活躍する盲導犬が登場する映画があります。

盲導犬になれる犬はごく限られています。

盲導犬を必要としている人、約4000人に対して盲導犬と暮らしている人は1000人あまり。

盲導犬に求められる条件とはどのようなことなのでしょうか。

スポンサーリンク

盲導犬になれる犬の種類は

盲導犬は訓練したからといって、どんな犬でもなれるわけではありません。

盲導犬に向いている犬の種類は主に3種類です。

 

  • ラブラドール・レトリバー
  • ゴールデン・レトリバー
  • ラブラドール・レトリバーとゴールデン・レトリバーの交雑種

 

この3種類が盲導犬に向いている理由は「適応能力が高い」ことです。

レトリバーの犬種は狩猟用の犬として、人と暮らしてきて共に働くことが好きな犬といえます。

また、犬のサイズからみても人を誘導するのに適した大きさです。

その優し気なアーモンド型の眼差し、たれ耳の顔だちは、人が見ても怖いという印象を受けず、周りに威圧感を与えない犬といえるでしょう。

厳しい訓練を経て盲導犬になれるのは3~4割ほどです。

盲導犬になるためには、犬種であってもその性格が大きく反映するようです。

盲導犬に求められる条件とは

  • むやみに吠えない ~ 自己抑制能力
  • はじめての場所でも落ち着いていられる ~ 環境順応力・適応力
  • 盲導犬として生活を楽しめること ~ 積極的、好奇心

 

これが人なら、なんてできた人でしょう。と思いたくなりますね。

訓練はこちらで解説しています。

飲食店へ盲導犬をつれて大丈夫? 盲導犬の訓練と健康・衛生管理

 

盲導犬が主人公の映画

クイール


2004年公開。監督は雀洋一。

テレビドラマにもなっています。

あらすじはこちらで。

 

2003年にNHK総合テレビでドラマ化。

いずれも盲導犬の一生を丁寧に描いています。

ベルナのしっぽ


2006年公開。監督は山口晃二。

郡司ななえによる小説『ベルナのしっぽ』(1996年出版)

自身の経験を元に執筆されています。

あらすじはこちらで。

 

1998年にフジテレビでドラマ化。

パートナーズ

2010年公開。監督は下村優。

あらすじはこちらで。

 

ある種の青春映画でもあります。

さいごに

盲導犬が活躍する映画。盲導犬に求められる条件とは。

 

盲導犬には、特に環境適応能力の高さが求められました。

レトリバーの犬が盲導犬に向く一方、向かないとされるのは、小型犬と日本の柴犬や秋田県などの和犬です。

小型犬は誘導するにはサイズが小さすぎますし、性格的にも盲導犬向きといえません。

和犬は番犬として育てられることが多かったために、人と生活するという適応力に問題があるといえそうです。

 

また、盲導犬が主人公の映画は、丁寧に盲導犬とユーザーの暮らしが描かれています。

盲導犬をより理解する手助けになります。

お読みいただきありがとうございます。

視覚障害者と盲導犬に出会った時に注意することは? 盲導犬にしてはいけない6つのこと

視覚障害者の道案内!点字ブロックと音サインの豆知識と社会人のマナー

視覚障害者のサポート方法は?正しい誘導の注意点

視覚障害者が映画を楽しめる音声ガイド!アプリUDCast(ユーディーキャスト)で簡単に使える

視覚障害者とロービジョンに関するまとめ!サポートやマナーとオススメの映画

Sponsored Link

参考:
https://www.moudouken.net/
http://www.guide-dog.jp/guidedog/suitable-kind-of-dogs/
https://mofmo.jp/article/4761アイキャッチ・写真


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。