目とメガネの悩みや問題を解決する「eye navi」

「目の健康と暮らせ」~あなたの大切な目の健康とケアについて考えるブログ

レーシックは安全?適正な費用と手術をするメリット・デメリット

calendar

reload

レーシックは安全?適正な費用と手術をするメリット・デメリット

レーシック、というとレーザーを使って近視(遠視、乱視)を矯正するもの。レーザーを用いた治療なので美容医療の一種と思われている人もいるようですがれっきとした眼科医療です。レーシックはメガネやコンタクトレンズと同じ屈折矯正の方法として眼科医療として認められ日本眼科学会でもガイドラインが定められています。

「レーシック手術をして失敗した…」と思わないために安全性や費用、メリットとデメリットを調べてみました。

スポンサーリンク

レーシック手術の現状

世界では年間100万件行われているとされています。日本では2000年から次第に増加して2008年は年間45万件のレーシック手術が行われていました。2000年から件数を伸ばしてきたレーシックですが、2008年をピークに減少し、2014年には5万件となりました。

出典:西日本新聞

国内外で有名人やスポーツ選手がレーシックを受けたことで日本でも一気に広がったようです。

2009年に東京都内の眼科病院で発覚した集団感染事件が減少するひとつの原因ともいわれています。この事故は、十分な滅菌処理をしていない医療器具を使って手術したために、患者が相次いで角膜炎などを発症しました。

レーシックは保険適用がなく、高い手術費に加え、近年の眼鏡ブームやコンタクトレンズの性能がよくなったことも減少の原因とみられています。また、日本人の感覚として「親から授かった身体に傷をつけるのに抵抗がある」ことも影響しているのでは、と分析する人もいます。

レーシックは安全?

エキシマレーザーというレーザー光線で角膜の中央部を削ってカーブを変えて近視や遠視、乱視を矯正するものです。

レーシック手術の施術方法(消費者庁のホームページから)

眼科手術としては確率されたもので手術は15分ほどで終わります。有効性・安全性を支持する研究論文は7000本以上あります。手術をした患者の95.4%が結果に満足したというデータもあります。(米国サウスキャロライナ大学/1988-2008の2915件の関連論文から分析)

レーシック手術は、日本眼科学会などが示すガイドラインに沿って適切に施術し、術後のケアをすれば安全な手術だと、言えそうです。

【レーシックの施設選びはコチラ】

⦿⦿レーシック手術で後悔しない10のチェックポイント|正しい施設選びとは?

費用はいくら?

レーシック手術は保険適用外です。日本眼科学会ではレーシックの適正な費用として

「片目につき大体10万円~30万円」

と提示しています。

レーシックに使用するレーザーは高価なものです。安全に使用するためには定期的なメンテナンスも必要です。

衛生面から道具も使い捨てのもの、器具の滅菌消毒、手術室の衛生管理、病院運営にかかるスタッフの育成や検査、カウンセリングにかける時間などさまざま必要となるわけです。

インターネットなどで「両目で10万円」という格安価格が見られることもありますが、実際には不可能で、いろいろなコースがあり
それなりの金額になるようです。

結局はうたい文句に踊らされないことですね。

レーシックができる条件とメリット・デメリット

裸眼で遠くがクリアに見えるようになる、レーシックですが、誰でもできるわけではありません。

レーシックができる条件

  • 18歳以上である
  • 近視、遠視、乱視が1年以内に進行していない
  • 目の病気(白内障・緑内障・網膜硝子体疾患など)がないこと
  • 角膜の病気(円錐角膜・角膜ヘルペスなど)がない
  • 妊娠中・授乳中ではない
  • 安定剤など向精神薬を服用していない
  • 医師の説明が理解できる

レーシックのメリット

裸眼で生活できるようになるメガネやコンタクトレンズから解放されます。コンタクトレンズに違和感があったり、メガネが合わなかったり、悩まされていた人は外すことが最大のメリットです。

スポーツやアウトドアが快適になる

レーシックはプロスポーツ選手が多く受けています。見る、ことがプロにとっては繊細なことなのです。

災害時に安全

地震や様々な自然災害が多い日本。

2011年の東日本大震災の被災地では、避難中にコンタクトレンズやメガネをなくした場合、苦労することも。

裸眼ならそんな心配は無用です。

ランニングコストがかからない

コンタクトレンズの場合はレンズ、洗浄液、保存液、メガネの場合も度数変化や古くなって新規購入する、これらの費用が実質なくなります。

レーシックのデメリット

レーシックは手術です。術後におこる症状や合併症がおこる可能性もあります。

術後の目の痛み

手術後麻酔が切れると5~6時間は目がヒリヒリしたり、ゴロゴロしたりしみるなど痛みがでることがあります。

午前中に手術して夕方には痛みが減ってきます。逆に傷みが強くなるようなら医師に連絡しましょう。

かすみやぼやけ

ほとんどが翌日には改善しますが、1週間、1か月とゆっくり時間がかかる場合もあります。

視力の安定には、3か月は様子をみましょう。

ドライアイ

レーシックで角膜を削るために角膜の神経が切断されます。神経が再生されるまでの数か月から1年ほど、ドライアイ症状がでたり、悪化することもあります。

ドライアイは点眼など治療できますが、1~3か月ほどで改善するようです。(個人差あり)

レーシックでドライアイになることを危惧する方は手術そのものを考え直す方がよさそうです。

【ドライアイの関連記事はコチラ】

⦿⦿ドライアイを手軽に予防するには?涙は最高の目薬!正しいまばたきの方法とは

ハログレア(夜間の視力低下)

街頭の光や車のライトが、まぶしく感じ、にじんだように見える現象です。症状は治りませんがほとんどが、慣れて1年後には気にならなくなるようです。

過橋性と低矯正

目標視力よりも微妙な変化で見え方にプラスマイナスが出てしまうことがあります。5~10%程度が再手術を行っているデータがあります。再手術も含めて最初の手術を考えるほうがよさそうです。

フラップの異常

蓋となるフラップは0.1mmほどですが、きれいにできず欠損する場合が、稀におきます。適切な処置をすれば問題ないので、
術後経過で観察しましょう。

角膜の変形

レーザーで削った角膜は元に戻すことができません。ごく稀に、手術で角膜が変形して視力が低下することがあります。こうなるとハードコンタクトレンズによる矯正しかありません。

角膜感染症

傷口が菌やウイルスに感染すると、目の痛みや充血、悪化すると角膜が白濁してきます。最悪の場合、角膜移植が必要だったり失明に至ることもあります。

非常に珍しいことですが、感染症をおこした場合は術後の経過観察と定期健診、早期の適切な対処が肝心です。

日本でも消費者庁が2013年にレーシック経験者600人(20-60代)に調査して結果、「光がギラギラしてにじむ」16.5%「ドライアイが半年以上続く」13.8%などが報告されています。

さいごに

レーシックは安全か。

信頼できる眼科医と施設、十分な話し合いやカウンセリング、術後の手厚いケアがしっかりしているえば、安全なレーシックといえそうです。レーシックは、目先の費用だけにとらわれないことです。ガイドラインの片目10~30万円を目安としましょう。

メリットとデメリットをよくライフスタイルに照らし合わせてレーシック手術をするかどうか検討しましょう。

お読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link

参考
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/medical/article/278572西日本新聞
http://www.gankaikai.or.jp/important/lasik.html日本眼科医会
安心レーシック完全ガイド/保健同人社


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。