目とメガネの悩みや問題を解決する「eye navi」

「目の健康と暮らせ」~あなたの大切な目の健康とケアについて考えるブログ

花粉症対策に効果的な「めめはな茶」の飲み方は?

calendar

reload

花粉症対策に効果的な「めめはな茶」の飲み方は?

つらい花粉症の季節に少しでも症状を和らげる方法はないかと色々と試している人も多いのでは。中でもお茶の類は、手軽にとることができますね。めめはな茶はペットボトルで売られています。名の通り目と鼻に効くお茶ってことでしょうか。

目にも効く?  めめはな茶について調べてみました。

 

スポンサーリンク

めめはな茶はどんなお茶?


「めめはな茶」はアサヒ飲料が発売している機能性表示食品です。ペットボトル350ml入りで、手軽にスーパーやコンビニで買うことができます。

鹿児島で畑作りから取り組んだ国産の「べにふうき」茶葉を100%使用しており、1本あたりにメチル化カテキンを17mg含んでいます。

出典:アサヒ飲料

このメチル化カテキンが、ほこりやハウスダストによる目や鼻の不快感を緩和するとうたっています。

出典:アサヒ飲料

花粉症に効く、とはありませんね。

ですが、べにふうきに含まれるメチル化カテキンがヒスタミン放出を抑える作用があります。それが、花粉症の症状の緩和につながると解釈されています。

べにふうきに含まれるメチル化カテキンとは

べにふうき(紅富貴)というお茶はもともと紅茶品種の茶葉です。酸化発酵させると紅茶になります。残念ながら紅茶にするとメチル化カテキンはなくなってしまいます。

それを緑茶に加工することでメチル化カテキンを発見したのが産官学のプロジェクト「茶の抗アレルギー作用を利用した食品の開発」です。べにふうき茶葉の中でもメチル化カテキンは4枚目、5枚目の葉に多く含まれることがわかっています。収穫するのも手間暇がかかっているのですね。

メチル化カテキンは、普通の緑茶には含まれていません。

出典:アサヒ飲料

効果的な飲み方は?

飲みやすいスッキリとした味わい、と評判のめめはな茶です。花粉の症状がひどくなってからではその効果が得にくくなります。

少し早めに飲み始めるのがよさそうです。

飲みやすいお茶ですし、日頃飲んでいるお茶を花粉のひどい時期はめめはな茶に変えてみる、というように試してはいかがでしょう。

まとめ

目や鼻の調子を整える「めめはな茶」。

ほこりやハウスダストによる目や鼻の不快感を緩和する作用をうたっています。様々な症状の緩和は個人差がありますね。ご自身にあった花粉症対策ができる助けとなればと思います。

お読みいただきありがとうございます。

【花粉症の関連記事はコチラ】

⦿⦿花粉症の目のかゆみに効く市販薬のオススメは?

⦿⦿花粉症ではないのに「目がかゆい!」どんな眼病の可能性がある?

【花粉症の予防対策はコチラ】

⦿⦿花粉症の目のかゆみ対策は?すぐに役に立つ朝・昼・夜にすること

Sponsored Link

参考
https://www.asahiinryo.co.jp/memehanacha/sp/secret.html
http://www.mitsui-norin.co.jp/ochalabo/knowledge/
http://benifuuki.ocnk.net/


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。