目とメガネの悩みや問題を解決する「eye navi」

「目の健康と暮らせ」~あなたの大切な目の健康とケアについて考えるブログ

疲れ目解消は移動中にできるホットアイマスク!手軽に温タオル効果「めぐりズム」

calendar

reload

疲れ目解消は移動中にできるホットアイマスク!手軽に温タオル効果「めぐりズム」

例えば、移動中にひと眠りしたいな、と思う時ありますよね。
ほんの少しの時間だけれど、温タオルで目を温めたら疲れ目も解消できます。

移動中でもできる温タオル効果が得られるホットアイマスクをご紹介します。

スポンサーリンク

10分で疲れ目が楽になる

それが花王から発売されている「めぐりズム」です。ホットアイマスクとあるように手軽にできる「目にするマスク」です。

  • 使い時に、すぐに温かかくなって使える
  • 約40℃の温熱と心地よい蒸気が目と目元を潤す
  • 場所を選ばず、移動中や仕事のすき間時間に使える

温かさが10分程度続き目を温めます。自分でやるホットタオルは5分程度でタオルが冷めていきますから、かなり長い時間、じんわ~りと目を温めてくれるものです。(使い捨てカイロと同じ原理ですね)

めぐりズム 蒸気でホットアイマスク (14枚入)花王 

温タオル(ホットタオル)の効果

疲れ目には濡らして温めたタオルを目にのせると血行が良くなり血液の循環がよくなります

目に必要な油脂を分泌するマイボーム腺に詰まった油分が溶かされるのでドライアイの状態も解消できます。

また、温めることで目のまわりの新陳代謝が活発になり、眼輪筋や目のまわりの筋肉が柔らかくなってリラックス効果も得られます。

凝り固まっているので温めると楽になるんですね。

目の疲れからくる肩こりや頭痛にも痛み和らげる効果期待できます。

疲れた目を温める時と冷やす時の違いは?温冷タオルのやり方

香りの効果も

⦿⦿めぐりズムはこちらから

天然エッセンシャルオイルをブレンドした香りが4種類あります。(無香料もあります)

「ラベンダーセージ」は眠る前に、「カモミールジンジャー」はゆったりとしたいときに、「ローズ」はその香りだけで癒されます。日本のハーブ「ゆず」はなごむ香り

気分をシャキッとさせたいときは「フレッシュミント」もあります。仕事の合間に良さそうです。つけているときはじんわり温かく、しばらくするとメンソールの効果で爽快、リフレッシュします。

 

【アロマの効果はコチラの記事です】

⦿⦿眼精疲労に効果がある精油は?アロマオイルでリラックスするマッサージ法

使い方はいろいろ

袋を開ければ温まるので場所を選ばないのが一番の利点です。

  • 長距離運転をする時に
  • パソコンなどモニターを長時間みる仕事の人に
  • 旅行などで長時間移動する時に
  • 勉強に集中する受験生に
  • 夜勤のある仕事(看護師さんなど)に
  • 目が疲れたな~と感じた時に

TVCMには嵐の櫻井翔さんが起用されています。
忙しい櫻井さんですから、飛行機や車の移動中に使うことが多いそうです。そのまま眠ってしまうこともあるとか。

かけたまま眠ってしまっても問題はないそうですが、温度が下がるとマスクがすこし固くなることもあるようです。

さっそく使ってみました

タオルを温めるホットタオルは時々していますが、さてどんなでしょう。試してみました。

注意事項に「アイマスクの上から手で抑えないように」とありました。ついつい抑えてしまいます、温かさはどれくらい?と。じんわり温まるので20分睡眠をとるとリフレッシュできそうです。

温度は

袋を開けて目にかけると、1分ほどでほんわり温かくなり、2分の頃には温かさが一定になります。
10~12分間はおよそ40℃を保っていますね。

私には熱すぎず物足りない温かさでもなく、まさに「ほどよい」とはこのことです。

15分ほどたつと温度は下がったと感じ、アイマスクを外しました。

蒸気は

目に見える様な蒸気は出ないのですが、確かにマスクの内側はしっとりとしています。(手を入れてみました)

 

アイマスクがぴったりと顔に密着しているので、蒸されているようです。

ドライアイにもよいのでは。

香りは

ローズの香りをつけてみましたが、ほのかに香るくらいでちょうどいい感じです。

強すぎる香りが苦手な人もいます。無香料のアイマスクもあります。

気分でいろいろと試してみるのもよさそうです。

まとめ

温タオル(ホットタオル)効果が得られる「めぐりズム」

場所を選ばず、すぐに目を温めて疲れ目解消に役立てられますね。

日頃の疲れ目はもちろんですが、飛行機の長旅には特にオススメです。ホットアイマスクでそのまま眠ってしまえば、目的地まであっという間です。

リフレッシュした目で旅を楽しむことができます。

 

タオルを温めての温タオル(ホットタオル)は湿ってタオルの重さも心地よさになります。ですが、10分は持ちませんね。家にいないとできませんし。

「めぐりズム」は手軽にできるのがいいです。携帯して疲れ目に備えたいと思います。

お読みいただきありがとうございます。

Sponsored Link


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。