目とメガネの悩みや問題を解決する「eye navi」

「目の健康と暮らせ」~あなたの大切な目の健康とケアについて考えるブログ

まぶたが上がらない眼瞼下垂は放っておいても大丈夫?手術する必要があるのはどんな人?

calendar

reload

まぶたが上がらない眼瞼下垂は放っておいても大丈夫?手術する必要があるのはどんな人?

たまに、まぶたが随分下がっている年配の方を見かけます。まぶたが下がるだけで問題はないのでしょうか?視野は狭くなりそうですがあまり緊急性はなさそうです。

まぶたが下がる症状や原因、手術について調べてみました。

スポンサーリンク

まぶたが下がる、原因と症状

「眼瞼下垂(がんけんかすい)」とはまっすぐに顔をあげている時にまぶたが瞳の中心部分にかかっていて上に上がらない症状のことです。まぶたを動かすためには「眼瞼挙筋(がんけんきょきん)」とその動きを補佐する「ミューラー筋」の働きが必要です。

ミューラー筋

出典:酒井形成外科http://mabuta-biyou.com/kouzou/index.html

これらまぶたの筋肉は神経に異常があると起こるといわれています。

眼瞼下垂には、生まれつきの「先天性眼瞼下垂」後にまぶたが下がる「後天性眼瞼下垂一見、眼瞼下垂に見える「偽眼瞼下垂」の3つに分けられます。

 

【まふたの下がりをメイクで解消する記事はコチラ】

⦿⦿目を二重にパッチリさせると頭痛・肩こりが治る!?二重メイクで改善する

先天性眼瞼下垂

・生まれつきまぶたが下がっており、片側だけが下がっているなど左右差がある場合が多い

・動眼神経の分岐異常や眼瞼挙筋の発育不全が原因とされる

後天性眼瞼下垂

・まぶたの中にある腱膜(けんまく)という部分が伸びたり緩んだり損傷したりしてまぶたが上がらなくなり、開きにくくなる

原因

  • 加齢
  • 目の酷使
  • ハードコンタクトレンズの長期使用
  • 花粉症やアトピーで目をこする
  • メイク落としの際に強くこする

外傷性眼瞼下垂

まぶたをケガすることで起こる

重症筋無力症

神経の指令が筋肉に伝わりにくくなる病気

バセドウ病眼症

目を動かす筋肉が炎症

眼瞼腫瘍

まぶたに腫瘍ができて重みによって下垂する

偽眼瞼下垂

一見、眼瞼下垂のように見えるが、まぶたの皮膚がたるんでいる、眼球縮小や眉毛下垂、眼球萎縮や眼瞼痙攣などの症状で神経の異常が原因の眼瞼下垂とは、いえない。これら病気や加齢によるものが原因となる。

眼瞼下垂の治療

先天性眼瞼下垂は専門医による手術が必要です。

皮膚がたるんでいるだけの場合は皮膚を切除する手術を行います。まぶたを上げる筋力が弱って下がっている場合は筋肉を縫い縮めて強くする手術が行われます。もともとまぶたを上げる筋肉が弱い人は手術をしてもまぶたが上がらないこともあるようです。高齢の方は注意する必要があります。

手術に緊急性はありませんので充分検討してから決める方がよいでしょう。手術は日帰りで可能です。入院んが必要な場合も1~2泊ほどです。腫れが残る場合もありますが、1か月~3か月で自然な状態になります。保険適用の手術の場合両眼で、1万5000円~5万円ほどです。

さいごに

まぶたが上がらない眼瞼下垂は先天性の場合、治すためには手術が必要です。ほかの病気からまぶたが上がらない場合もあります。

手術をする場合、緊急性はないので病後の顔の変化なども考えてよく検討しましょう。高齢の方の場合、顔の印象が変わることもあるようです。医師とよく相談することをおすすめします。

 

【眼球まわり、目のまわりのツボとマッサージについてはコチラです】

⦿⦿目の疲れにマッサージ・ツボ押しは効果的!でもこんなやり方は危険!

【正しいまばたきの仕方はコチラでどうぞ】

⦿⦿ドライアイを手軽に予防するには?涙は最高の目薬!正しいまばたきの方法とは

 

お読みいただきありがとうございます。

Sponsored Link

参考
目の病気の最新治療/主婦と生活社
http://www.mochizukiganka.com/info/gankenkasui/


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。