目とメガネの悩みや問題を解決する「eye navi」

「目の健康と暮らせ」~あなたの大切な目の健康とケアについて考えるブログ

コンタクトレンズの着用時のアイメイクアップ方法は?コツと注意点や手順は?

calendar

reload

コンタクトレンズの着用時のアイメイクアップ方法は?コツと注意点や手順は?

新年度、新しい気分でこれまではメガネだったけれど社会人になって心機一転、コンタクトレンズで、と思われている女性もいらっしゃると思います。そんなときに、メガネとメイクは同じでよいのでしょうか? 目にコンタクトレンズが入っていますからね。

特にアイメイクの方法と注意したい点をまとめてみました。

スポンサーリンク

メイクの手順、コンタクトレンズはいつするの?

洗顔

手を石けんで洗う

コンタクトレンズをつける

お顔のお手入れ

メイクする

一年中手放せなくなっている日焼け止めやハンドクリーム、ファンデーションなどを塗った後の手は、石けんで洗っただけでは完全に落とすことが難しいものです。

特にコンタクトレンズをつける指先は、指紋や手のシワに日焼け止めなどの成分が残ってしまいがちです。

また、ウォータープルーフのマスカラなどはレンズに付着すると、その汚れを落とすのも一苦労です。その汚れの残った指先でコンタクトレンズを触ると、レンズに付着し、視界が曇るなど違和感の原因になり、ひいては目に障害を起こしてしまうこともあるのです。

必ず、コンタクトレンズは洗いたてのきれいな指先で取り扱うことが大切です。

アイメイクの方法

「目ヂカラ」が注目されアイメイクには力が入りますね。

コンタクトレンズを入れた目にアイメイクする場合に、化粧品が目に入って痛い思いをしたり、ビューラーを使うときにコンタクトレンズのズレを心配したり、そんな人も多いのではないでしょうか。

コンタクトレンズを入れない目よりも、なにかと注意が必要です。

マスカラ

  • ビューラーを使ってしっかりまつ毛をカールさせてからつける
  • まつ毛の根元にはつけないようにする(コンタクトレンズにマスカラがつきやすくなる)
  • 繊維の入っていないタイプのマスカラを選ぶ(繊維が目に入るとかなり痛い!)
  • 落としやすさから油性よりも水溶性がオススメ
  • マスカラの落ちを防ぐために、トップコート(透明なマスカラ)を塗る

メイク ビューラー

ビューラーの使い方
まつ毛を挟んだらあまり強く引っ張り過ぎない
(コンタクトレンズがずれて、眼球にくっつくことがあるため)

つけまつげ

マスカラの繊維やカスが落ちる心配がない

シャドウ

  • パウダーを使うときは、余分な粉を手の甲などで落とす
  • ラメやパール入りのシャドウは飛びやすい(控えめのもの、上質なものを使う)
  • シャドウが落ちにくアイベースを使う
  • クリームタイプのアイシャドウがオススメ

メイク シャドウ

アイライン

  • インサイドライン(まつ毛より内側、粘膜に引くライン)には引かないようにする
  • まぶたに負担をかけないリキッドタイプがオススメ

メイク用品には個人との相性もありますからこれが絶対にオススメとはいきませんが、選ぶ時の参考にしてくださいね。

メイク中だけでなく、目を動かすことで目に化粧品が入ってしまうこともあります。

もしメイク中に化粧品が目に入ったら、すぐにコンタクトレンズを外して、レンズを洗いましょう。この時、手もよく洗います。

目の痛みがあったり違和感がある場合は、しばらくしてからコンタクトレンズをつけましょう。

メイク落とし(アイメイク)の方法は?

手をきれいに洗う

コンタクトレンズを外す

コンタクトレンズのケア(こすり洗い)

アイメイクを落とす

お化粧を落とす

洗眼

 

顔のクレンジングとは別にアイメイク専用のクレンジング剤(リムーバー)を使って丁寧に片目ずつ順番に落としましょう。

しっかり閉じた目の上にアイメイク・リムーバーをコットンなどに適量含ませたものを、10~20秒軽く押し当てて、メイクを浮かせるようにします。

コットンで拭き取るときは優しく拭き取ります

目にリムーバー液が入りやすくなるので強くこすることは避けます。柔らかいまぶたを傷めることにもなりますからあくまでも優しく、です。

マスカラはコットンをまつ毛の下にあててリームバー液をつけた綿棒でやさしくなでるように落とします。

アイライナーも綿棒を使うと細かなところまで落とすことができます。

化粧品を落とす洗浄液もありますからコンタクトレンズに汚れがついたら丁寧に落としましょう。

 

【レンズケアの詳しい記事はコチラ】

⦿⦿コンタクトレンズの汚れが落ちない!目のトラブルを防ぐ正しいレンズケアとは?

まとめ

コンタクトレンズをつけた時のアイメイク。

つける時も外す時も「コンタクトレンズ・ファースト」で。

メイクの前にコンタクトレンズをつけて、コンタクトレンズを外してからメイクを落とします。常にきれいな手・指先でコンタクトレンズを扱うようにしましょう。

 

男性も海や山、屋外スポーツ、アウトドア派の人は、日焼け止めが欠かせませんね。その際は、必ず日焼け止めを塗る前に、コンタクトレンズをきれいに洗った手で装用してからにしましょう。目に負担をかけずにアイメイクして目の健康を保ちたいものです。

 

【コンタクトレンズの関連記事はコチラ】

⦿⦿コンタクトレンズ初心者の選び方は?レンズの特長と生活スタイル別のオススメは?

⦿⦿コンタクトレンズでも花粉症の季節を快適に過ごす方法は?

Sponsored Link

参考
日本コンタクトレンズ学会誌「化粧とコンタクトレンズ」
http://coopervision.jp/tips/makeup/no13


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。